【展示解説】ヘルター・スケルター 1990年代のL.Aアート展

ヘルター・スケルター

1990年代のL.Aアート展


概要


「ヘルター・スケルター展 1990年代のL.Aアート」は、ロサンゼルス現代美術館で1992年1月26日から4月26日まで開催された現代美術の展示である。

 

ポール・シンメルがオーガナイザーを務めたその展示で、16人のアーティストがピックアップされた。セックス・バイオレンスや反アメリカン的な要素のある作品に焦点が当てられ、その狙いは、LAアートの固定観念を破壊し、またニューヨーク・スクール(抽象表現主義作家の総称)に挑戦することだった。

 

ファイン・アート出身のマイク・ケリーとロウブロウ出身のロバート・ウィリアムスが交差した記念すべき展示である。ヘルター・スケルター展は現代美術の重要な展示のとして歓迎され、現在も近年の最も重要で影響力のある展示の1つとして語り継がれている。

参加アーティスト


  • Chris Burden
  • Meg Cranston
  • Victor Estrada
  • Llyn Foulkes
  • Harry Gamboa, Jr.
  • Richard Jackson
  • Mike Kelley
  • Liz Larner
  • Paul McCarthy
  • Manuel Ocampo
  • Raymond Pettibon
  • Lari Pittman
  • Charles Ray
  • Nancy Rubins
  • Jim Shaw
  • Megan Williams
  • Robert Williams