【画家】小林美樹「毒のある子ども」

小林美樹 / Kobayashi Miki

毒のある子ども絵を描く現代美術家


概要

小林美樹(1986年生まれ)は日本の画家。川口市出身。武蔵野美術大学造形学部油絵学科卒業。独自のキャラクターと世界観をシュルレアリスム風の具象絵画が表現するのが特徴。鳥瞰図が得意。石田徹也、草間彌生、澤田知子、大倉史子、エゴン・シーレ、100%ORANGEなどから影響を受けている。最近は「死」と「永遠」をテーマに制作する事が多いが、基本的にブラックユーモア化している。