【完全解説】ヘンリー・ダーガー「アウトサイダアートの巨匠」

ヘンリー・ダーガー / Henry Darger

アウトサイダーアートの巨匠


概要


生年月日 1892年4月12日
死没月日  1973年4月13日
国籍 アメリカ
表現媒体 絵画、コラージュ、文章、ドローイング、スケッチ
ムーブメント アウトサイダー・アート

ヘンリー・ジョセフ・ダーガー.ジュニア(1892年4月12日-1973年4月13日)はアメリカの隠遁作家、芸術家、イリノイ州シカゴの病院清掃員。

 

ダーガーは、死後、ワンルームのアパートで1万5145ページ(世界一だが出版されていないのでギネスに登録されず)のファンタジー小説の原稿『非現実の王国として知られる地における、ヴィヴィアン・ガールズの物語、子供奴隷の反乱に起因するグランデコ・アンジェリニアン戦争の嵐の物語』と、その小説のドローイングと水彩による挿絵が発見されて有名になり、アウトサイダー・アートの有名な代表例の1つとなった。

 

幼い子どもたちが拷問や殺害される恐ろしい大虐殺シーンかとおもえば、エドワード時代のイギリスの室内風景や児童小説や幻想絵画のような花の咲き乱れる穏やかで牧歌的な世界という真逆の世界が同居するのがダーガー作品の特徴である。

 

ダーガーは、子どものときから女児を憎んでおり、彼の潜在意識には女児に対する憎悪とキリスト教的な回心を経た女児への慈愛が混在していると分析されている。ほかに、施設時代に大人たちから受けた虐待、強制労働がトラウマになっていると見られる。

略歴


幼少期


ヘンリー・ダーガー(本名:ヘンリー・ダーガー・ジュニア)は、1892年4月12日にイリノイ州シカゴ市で、母ローザ・フルマンと父ヘンリー・ダーガー・シニアのあいだに生まれた。クック群の記録によれば、ダーガーは24番街350番地にある自宅で出産されたことになっている。

 

ダーガーが4歳のとき、母は妹の出産時に産褥熱を発症して死去。なお妹は養子縁組に出されたため、ダーガーは妹と一度も会ったことがない。ダーガーの研究家で美術史家で心理学者のジョン・M・マクレガーによれば、母ローザはダーガーの前に2人の子どもを産んでいるという。その2人の兄弟は所在は現在、わかっていない。

 

ダーガー自身による記録によれば、父ダーガー・シニアはドイツ系出身の仕立屋の仕事をしており、非常に優しい性格でダーガーの心を支えた人物だという。

少年施設時代


小学校のときダーガーは、1年生から3年生に飛び級したほどの読書力があった。

 

8歳のときに元々足が悪かった父のダーガー・シニアは体調を崩し、また貧しかったこともあり、アウグスティヌスのカトリック救貧院に入ることになる。一方のダーガーは少年施設で過ごしながら公立の学校に通うようになる。

 

ダーガーが強制的に入れられた少年施設は、当時、虐待や児童労働などで非常に問題があったところだといわれている。ダーガーは当時の施設の様子を「非現実の王国」上で強制労働場のように描いている。厳しい戒律のもと、尼の指示で、毎日、重労働の農作業をやらされていた。

知的障害施設時代


1905年に父のダーガー・シニアが死ぬと、ダーガーはイリノイ州リンカーンにある知的障害児の施設に移される。診断によれば「ヘンリーの心に障害がある」とのことだった。

 

ジョン・M・マクレガーによれば、この診断は誤診であるという。本当の理由は、ダーガーが自慰行為をしていたことを周囲におおっぴらにして、それが咎められたことである。当時の保守的なアメリカのキリスト教道徳観において自慰行為は「正常でない」と考えられていため、知的障害施設に送られたのが事実であるとされている。

 

ダーガー自身は、施設時代に大人から疎まれた理由について、「大人の嘘」に気づくことができ、その結果、自分は生意気に見られた記している。教師から特別厳しく体罰を受け、いつも叱られていたという。

 

ダーガーはトゥーレット症候群があり、むやみに口・鼻・喉を鳴らして奇妙な音を立てて学校の授業を妨害したり、友達や周囲の人に嫌がらせをするようになる。本人は楽しませるつもりで音を鳴らしていたようだが、それが原因で「クレイジー」というあだ名を付けられ、いじめられたり、遠ざけられるようになる。

病院清掃員として


16歳のときに施設を脱走し、260kmを歩いてシカゴへ戻る。ゴッドマザー(カトリックの代母)の助けを得て、シカゴのカトリック病院の清掃員を勤めるようになる。以後、この生活は1963年に退職するまで続くことになる。なお、これもあまり語られないが、シカゴ脱走後のダーガーは、一時的に男娼で生活していたようである。

 

第一次世界大戦時のアメリカ軍の一時的な兵役をのぞいて、ダーガーの生活はほとんど変化なかったと思われる。信心深いダーガーは、毎日教会のミサに出席し(多い時は1日5回も出席していた)、道端に落ちているゴミを拾って家に持ち帰っていた。清潔に務めようとしていたらしいが、ダーガーの服はいつもみすぼらしかった。

 

基本的に孤独で、唯一の友人はウィリアム・シュローダーで、彼はネグレクト・チルドレンで、二人は愛のある家族に養子として迎える「子どもの保護協会」の創設を提案もした。30歳の時、教会に養子を申請するが却下。だがあきらめきれず、何度も申請し続ける。結局、許可は出なかったので、今度は犬に対して興味を持ち始める。しかし、犬のペット代に一ヶ月5ドルもかかると聞いて、貧しいダーガーは諦める。 

 

1930年代なかばにウィリアム・シュローダーはシカゴを去ったが、手紙を通じて1959年にシュローダーが死去するまでやりとりをしていた。二人にはロマンティックな感情があったと言われている。

 

1930年に、ダーガーはシカゴ市ウェブスター・ストリート851番地にある家の、3階の奥の部屋に住み始める。以後1973年4月に死去するまで、この部屋で43年間ダーガーは創作活動をしていた。ほかに10年間毎日、天気に関する日記も書いている。ダーガーの最後の日記にはこう書かれている。

 

「1971年1月1日。クリスマス時のように非常に貧しい。私の生涯において良かったクリスマスは一度もなく、同じく良い新年を迎えたことはない。今非常につらいが、幸いにも怨恨のような感情はないけれども、それをどのように感じるべきか……」

 

ダーガーは、イリノイ州デスプレーンズにある聖人墓地に埋葬された。墓石には「芸術家」「子どもの保護者」と記載されている。

 

●参考文献

Henry Darger - Wikipedia

ダーガー作品集・伝記


ヘンリー・ダーガー 非現実を生きる (コロナ・ブックス)(2013年)
ヘンリー・ダーガー 非現実を生きる (コロナ・ブックス)(2013年)
作品集「ヘンリー・ダーガー 非現実の王国で」(2000年)
作品集「ヘンリー・ダーガー 非現実の王国で」(2000年)
非現実の王国で ヘンリー・ダーガーの謎 デラックス版 [DVD]
非現実の王国で ヘンリー・ダーガーの謎 デラックス版 [DVD]


あわせて読みたい