藤田嗣治「20世紀初頭の最も重要な日本人画家」

藤田嗣治 / Tsuguharu Foujita

20世紀初頭の最も重要な日本人画家


藤田嗣治「少女」
藤田嗣治「少女」

概要


生年月日 1886年11月27日
死没月日 1968年1月29日
国籍 日本、フランス(1955年に帰化)
表現形式 絵画、版画、彫刻
ムーブメント エコール・ド・パリ
関連サイト WikiArt(作品)

レオナール・ツグハル・フジタ(藤田嗣治 1886年11月27日-1968年1月29日)は、日系フランス画家。日本画の技術と西洋絵画を融合させ、エコール・ド・パリのメンバーとして活躍し「20世紀初頭の西洋において最も重要な日本人芸術家」として評価されている。1930年にニューヨークで出版した20枚のエッチング版画を収録した『猫の本』は、過去に出版された猫に関する本で最も人気があり、現在は希少本とされている。

藤田嗣治「日本人形と女の子」(1949年)
藤田嗣治「日本人形と女の子」(1949年)
藤田嗣治「猫と少女」(1956年)
藤田嗣治「猫と少女」(1956年)

略歴


幼少期


藤田嗣治は、1886年、東京市牛込区新小川町で、医者の家で4人兄弟の末っ子として生まれた。小さな頃から絵を描きはじめ、中学卒業後にフランス留学を希望したが、森鴎外のすすめで1905年に東京美術学校(現在の東京芸術大学美術学部)西洋画科に入学することにした。1910年、24歳で卒業して3年後にパリへ移る。

モンパルナス活動


モンパルナスに居住をかまえると、アメデオ・モディリアーニ、フェルナン・レジェ、ジュール・パスキン、シャイム・スーティンと知り合う。彼らを通じて特にアンリ・マティス、パブロ・ピカソ、フアン・グリスと親交を深めた。

 

藤田の回顧録では藤田がパリに着いてから一週間射ないにピカソと会ったと書いているが、最近の研究では藤田が日本の妻に送った手紙からピカソと会うまで数ヶ月間はブランクがあるとされている。

 

また、藤田は伝説のダンサーのイサドラ・ダンカンからダンスのレッスンを受けたという。

 

藤田ははじめモンパルナスの5番通りにスタジをかまえており、そこで彼はお湯を供給できる浴槽を購入して設置したとき、みんなから羨望を受けた。多くのモデルが藤田のこの浴槽を楽しむために藤田の部屋にやってきたという。

 

マン・レイの恋人だったキキが有名で、藤田のために彼女は外の庭でヌードになりモデルを務めた。彼女がモデルになった作品としては、1922年に制作したアイボリーホワイトの背景にして、キキがヌードで横たわる「寝室の裸婦キキ」が有名である。

 

これは1922年のサロン・ドートンヌで8000フランで買いとられ、一大センセーションを巻き起こし、藤田を有名にした作品で、同時にエコール・ド・パリを代表する画家の一人として確固たる地位を築きあげた。2013年にはニューヨークのクリスティーズで120万ドルで落札された。(続く)

藤田嗣治「寝室の裸婦キキ」(1922年)
藤田嗣治「寝室の裸婦キキ」(1922年)

結婚


藤田は千葉の女学校の美術教師だった鴇田登美子と1912年に結婚。しかし、フランス行きを決意した藤田が妻を残し単身パリへ向かい、1916年に離婚。

 

翌年1917年3月に「カフェ・ド・ラ・ロトンド」でフェルナンド・バレイという女性に出会う。彼女は当初、言い寄る藤田を完全に無視していた。しかし次の朝早く、藤田は一晩で作った青いコサージュを持ってフェルナンドの部屋に現れた。フェルナンドは藤田に興味を持ち始め、13日後に結婚した。

 

それから数年内に、特に1918年の展覧会のあとに藤田は美しい女性や猫を非常に独創的なスタイルで描く画家として大きな名声を獲得するようになった。藤田は初期キャリアのうちに多額の金を稼いだ数少ないモンパルナスの芸術家の一人となった。1925年までに藤田はベルギーからレオポルド勲章を受賞し、フランス政府は彼に名誉勲章を授けた。

 

1918年に南フランスを遊覧展示をするが、これは詩人のレオポルド・ズボロウスキーによる企画だった。藤田と妻、シャイム・スーティン、モディリアーニ、エビュテンヌらが同行した。この遊覧展示はしかしあまりうまくいかず、藤田に同行したグループは、パリの画廊から藤田が借りた前金で旅をしなければならなくなった。最終的には旅の資金がすべてなくなり、家主はグループの芸術品での支払いを拒否し、旅の荷物をすべて没収した。

 

2人目の妻、フェルナンドとは急激な環境の変化に伴う不倫関係の末に離婚し、藤田自身が「お雪」と名づけたフランス人女性リュシー・バドゥと結婚。しかし、詩人のロベール・デスノスと愛人関係にあり、その後離婚する。