ルイス・ブニュエル

ルイス・ブニュエル / Luis Buñuel

映画と詩を融合させたシュルレアリスト


概要


ルイス・ブニュエル(1900年2月22日-1983年7月29日)はスペインの映画監督、シュルレアリスト。スペイン、メキシコ、フランスで活動。


ブニュエルが83歳で亡くなったとき、『ニューヨーク・タイムズ』は彼の死亡記事で、「偶像破壊者、モラリスト、若齢期はシュルレアリスムの代表的人物、後の半世紀は支配的で国際的な映画監督』と評した。


ブニュエルの最初の無声映画『アンダルシアの犬』は、批評家ロジャー・エバートによれば「最も有名な短編映画」とされている。また48年後に制作した彼の最後の映画『欲望のあいまいな対象』は、米国映画批評会議と全米映画批評家協会でベスト監督賞に輝いた。映画ライターのオクタビオ・パスは、ブニュエルの作品について「映画のイメージと詩のイメージが結婚して、新しい現実、スキャンダラス、破壊を創造した」と評価。


1920年代のシュルレアリスム・ムーブメントとの関連のため、ブニュエルはしばしば1920年代から1970年代まで映画制作をしたとされている。ブニュエル作品は2カ国、3つの言語、あらゆるジャンル(実験映画、ドキュメンタリー、メロドラマ、ミュージカル、エロティカ、コメディ、モキュメンタリー、ロマンス、コスチューム、ドラマ、ファンタジー、犯罪映画、アドベンチャー、西部劇)をカバー。


これだけ多様にも関わらず、映画監督のジョン・ホストンは、「ブニュエル作品はジャンルを問わず、これはブニュエルの作品だということが瞬時に認識できる個性的な作家である」と評している。また映画監督のイングマール·ベルイマンは「ブニュエルは常にブニュエルの映画を作った」と評している。


6つのブニュエル作品が、英国映画協会「サイト&サウンド」の2012年のトップ250の批評家投票でランクイン。まあトップ250映画監督の14位にランクインした。

作品解説


アンダルシアの犬
アンダルシアの犬