メレット・オッペンハイム

メレット・オッペンハイム / Méret Oppenheim

超現実オブジェ作家の代表格


「毛皮のティーカップ」(1936年)
「毛皮のティーカップ」(1936年)

概要


メレット・オッペンハイム(1913年10月6日-1985年11月15日)はドイツ生まれのスイス人画家。写真家。シュルレアリスト。初期シュルレアリスムのメンバー。


超現実オブジェを制作する傍ら、マン・レイの写真モデルとして有名で、最もよく知られている彼女をモデルした作品は、印刷機と彼女のヌードを並置した写真作品である。作品の多くは日常品をアレンジした超現実オブジェで、女性性からの視点で女性の性欲や女性の抑圧をほのめかした内容である。


モンパルナスのキキやドラ・マールなど、モデルとしてシュルレアリスムに関わる女性が多かった中でも、オッペンハイムは初期シュルレアリスム・グループにおいて、数少ない典型的な女性シュルレアリム作家であったことで評価が高い。

幼少期


メレット・オッペンハイムは1913年10月6日にベルリンで生まれた。オッペンハイムはゴットフリート・ケラーの小説「緑のハインリヒ」の森の中に住む野性的な子どもにちなんで付けられた。オッペンハイムには2人の兄弟がおり、1915年生まれの妹のクリティスンと1919年生まれの弟のバルクハードである。


彼女の父はドイツ系ユダヤ人の医者で、1914年の第一次世界大戦では徴兵され従軍。その結果、オッペンハイムと母親は、母方の祖父母と暮らすためにスイスへ移住した。スイスでオッペンハイムは若い頃からさまざまなアーティスやアートがとりまく環境で育てられた。特に叔母のルート・ヴェンガーから影響を受け、ヴェンガーのライフスタイルをオッペンハイムも身につけた。

パリ時代


1932年に18歳のとき、オッペンハイムはパリに移動し、ときどき、アカデミー・デ・ラ・グランデ・ショウミエールへ出席した。


1933年にハンス・アルプやアルベルト・ジャコメッティと出会い、彼らは彼女のアトリエで共同して制作を行う。1933年の10月27日から11月26日の間にパリで開催されたシュルレアリスムの展覧会「サロン・デ・サリンデパンダン」にオッペンハイムは参加。そこでアンドレ・ブルトンに出会い、シュルレアリスム・グループのカフェの会合に参加し始めた。


この頃からシュルレアリスムのオブジェ熱に刺激され、またマックス・エルンストから影響を受けるようになり、オブジェ制作に熱を上げ始めた。


代表的な作品は「私の乳母」。それは紙のフリルで「飾られた」脚を広げ、仰向けになっている裸の女のポーズを思わせる形で、大皿に、女ものの靴が結び付けられている。これが1936年にシャルル・ラットンの画廊で展示され、大騒ぎになった。オッペンハイムによれば、この作品はその靴を縛り続けることで、子どもの頃の叔母に"仕返しをする"ためのものだったという。鑑賞者にとってその内容は刺激的でエロティックで、猥褻的だったが、その真実はその中間のどこかにあるのだろう。


オッペンハイムは、シュルレアリストたちや一般大衆がオブジェ作品で見たようなエロティックな内容を受け入れることができず、自分は画家であり、「私の叔母」はお遊びで、若さゆえの反抗心が産みだしたもので、その作品が代表作として扱われるようになることに抵抗していた。


だが彼女の絵画はというといまだ上手な生徒の作品ぐらいのもので、いわゆるお遊びで制作した作品だけが、真面目に受け取られていた。このオブジェの成功のために、さらなる超現実オブジェの制作を望む声を多くなったが、オッペンハイム自身は逆に自信喪失と芸術的混乱とが増すばかりとなった。彼女はシュルレアリスムの寵児としての自分が受け入れがたく感じ、1937年にはすっかり意気消沈していた。

「私の叔母」(1936年)
「私の叔母」(1936年)